MUSIC PARTY LIFE MAGAZINE

イケメンマッチョ兄弟デュオ!バウンスEDMのカリスマ、“VINAI”の魅力に迫る!!

先日、OWL OSAKAでの公演がパスポート事情により急遽キャンセルになり、ちょっとした話題になってしまったVINAI。涙を飲んだファンは多いはずですが、VINAI本人たちもかなり凹んでいるようで、InstagramやTwitterの投稿から申し訳なさと再来日への意欲が見て取れます。

VINAIさん(@vinaiofficial)がシェアした投稿

そんなVINAIの来日は意外と近く、この夏のMUSIC CIRCUSでの出演です!というわけで今回はイケメンマッチョの親日EDMデュオ、VINAIの魅力について掘り下げちゃいます!

改めてVINAIって?

イタリア生まれのAlessandro Vinai(アレッサンドロ・ヴィナイ、写真右)とAndrea Vinai(アンドレア・ヴィナイ、写真左)による兄弟DJデュオです。

VINAIっていうのは本名のファーストネームなんですよね。ですからVINAIっていうコンビ名、日本で言うなら「中川家」みたいなイメージなんでしょうか?笑

イタリア出身のイケメン兄弟DJ、これだけでももう十分格好良すぎるんですが、VINAIにはまだ格好いいところがあるんです。そう、筋肉です!笑

どうですかこの筋肉。

VINAIさん(@vinaiofficial)がシェアした投稿

どうですかこの筋肉!(二回目)

同じマッチョDJといえばウィルスパークスも思いつきますが、なんでイケメンDJは筋肉を鍛えたがる(そして見せたがる)んでしょうね?笑

甘いマスクにマッチョなボディ……しかもイタリア人ならではでトークも甘いとの噂!ルックス人気でもトップクラスのDJといって間違いないでしょう!

気になる楽曲は?

もちろん、ルックスだけで有名になれるほどEDMの世界は甘くありません。彼らは実力でDJMagの順位を年々上げていっているのです。

彼らの楽曲は「バウンス系EDM」と呼ばれるジャンルに分類されます。ノリやすく思わず飛び跳ねたくなるようなサウンドが特徴で、特に2014年のEDMを象徴するジャンルですね。VINAIはそのバウンス系EDMを牽引する存在としてシーンを盛り上げてきたといえるでしょう!

そんなエネルギッシュな彼らの代表曲をいくつかご紹介致します!

TJR & VINAI - Bounce Generation

同じくバウンス系EDMのトップアーティストTJRとの一曲。CLUBでもよくかかりますよね!「エビバディメイキッバウンス!」は思わず叫んでしまう人も多いのでは?笑

R3HAB & VINAI - How We Party

バウンスの跳ねるリズムと“これぞEDM!”という感じのキャッチーでド派手なシンセサウンドが良いですよね。ちなみにこの曲の共作者、R3HABも今年のMUSICCIRCUSに登場です。これはVINAIのステージにR3HABが登場……なんてこともあるかもしれませんね!

Dimitri Vegas & Like Mike vs. VINAI –Louder

EDMのトップコンビ、DV&LMとの楽曲。ドロップ前の「Louder、Louder、……」という部分ではみんなでしゃがんで最後の「Let me hear the fucking bass!」で一斉に飛び跳ねる!フェスならではの一体感を感じられる一曲です!

VINAI & Streex feat. Micky Blue - Stand By Me

バウンスばかりではなく、トレンドに乗ったメロウなサウンドも作れちゃいます!こういう楽曲をバウンスメインのセットの中にどう組み込んでいくのかが見ものですね!

こちらはリリースまだですが個人的にこういう曲の方がVINAIっぽくて好きです笑 Carnageのアクセントが入ったことでかなりハードなサウンドに仕上がってます。こんなのステージで爆音で聞けると想像するだけでテンション上がっちゃいますよね!

エネルギッシュなEDMを発信し続けるVINAIから目が離せない

VINAIさん(@vinaiofficial)がシェアした投稿

いかがでしたでしょうか? ルックス良し、楽曲も良し、おまけに親日家!

今後もエネルギッシュなバウンスサウンドを発信し続けるVINAIから目が離せません。 直近の日本での公演はMUSIC CIRCUS2017。真夏のビーチではしゃぎたいあなたは、まずVINAIからチェックしてみてはいかがでしょう?

Text by MiU

この記事をシェアする