【独占インタビュー】DANNICにペーパーインタビューに答えてもらいました!

大好評MAINFLOORインタビュー、第四弾はDANNIC(ダニック)!12/01(Fri)にAdam Loungeに出演もした彼らの音楽への思いやプライベートまで、色々聞いてみちゃいました!

December.12.2017

大好評ペーパーインタビュー第四弾!今回はオランダの雄、Dannic(ダニック)!今回もいろいろなことを聞いてみたので、ぜひぜひご覧ください!

新曲の『Rockin』聞いたよ!どういうインスパイアを受けて作成したのかとか、色々教えて欲しい!

俺にとってはグルービーなサウンドの方が定番だけど、パーティーを始めるのにピッタリなベースサウンドを盛り込むのも好きなんだ。他のトラックに比べたらいつもより重いんだけど、音が厳しすぎじゃなくていいバランスでお気に入り。

結果的に観客が踊り続けて欲しいんだ。曲をかけたときのダンスフロアの様子がどうなるとか、実際のクラブで聴いたらどう聞こえるとか、そういう現場での刺激がいつも最大で最高のインスピレーションになる。

Fonk Recordingsは”building and growing”なステージだと言っていたのを見たけど、今後の展望について聞かせてもらえる?

Fonk Recordingsはまだまだ大きく育てたいといつも思っていて、2018年も俺の最重要課題の一つだね!Fonkのファミリーとして、素晴らしい若手や将来あるるアーティストを何人も迎え入れられたことが本当に嬉しいんだ。これからもアーティストのケアをし続け、みんながエキサイトする音楽をリリースし続け、そして常に新鮮でFonkらしいサウンドを作り続ける。これがビジョンだね。

最近マーチャンダイスの通販も開始したね!今後グッズが増える予定はある?

そうね!長年のファンで入れくれている人にとっても新しくファンになってくれた人にとっても喜んでもらえるよう、シンプルで高級感あるグッズにしたかったんだ。今の出してるマーチャンダイスはクラシックでタイムレスな感じがあって好き。2018年もグッズを増やしていこうと考えてるよ!

Fonk Raidioもかなりの回数を重ねてきたけど、曲のチョイスについて意識していることはある?

Dannicさん(@dannic)がシェアした投稿

ポリシーなんかないんだ!Fonkからのリリースをメインにするとか、ビッグルームとかハウスとかのジャンルにもこだわったことが無い。ただ良いグルーブを感じた曲をプレイしているだけなんだ。

今注目しているアーティストはいる?

Tom & Jameはすごい良くて、彼らの新しい曲を必ずいつもチェックしている。あと、本当にフレッシュな若手を言うならPesstoだ。彼は素晴らしく将来性のあるアーティストだと思う。

昨年、拠点から海を超えてアジアのクラブとレジデンシーを結んだことはかなり思い切った選択だったと思うんだけど、この意図を詳しく聞かせて欲しい!可能なら、どうして日本で、どうしてAdam Loungeだったのかまで教えてくれると嬉しい!

Dannicさん(@dannic)がシェアした投稿

EDM、特にビッグルームハウスとハウスミュージックが、アジアでこんなにも受け入れられ人気になっていることに驚いたんだ。アジア各地のシーンがアツいけど、特に日本がシーンの軸として特に成長してると感じた。

Adam Loungeのレジデンシーを結んだことは本当に良かったよ!あんな豪華で綺麗なクラブで、素敵な観客とスタッフのためにプレイすることは、誇りになる。

日本のファンとして嬉しいことに、かなりの回数日本に来てくれているよね。日本のお気に入りな点とか、驚いた点は何?

日本の文化も日本のファンも日本の食べ物も全部好き!ただ驚いた点といえば、特に東京のせわしなく忙しい雰囲気はやっぱりカルチャーショックだったな。でもそんな日本のファンたちに愛されて本当に嬉しいんだ!

行ってみたい日本のスポットは?

熊本県の天草がすごくいいって聞いた!幸運にも北海道、大阪、東京に行ったことあるけど、もっと日本のいろんな所に行きたいね。

一番好きな日本食は?

寿司!やっぱり寿司だね!

逆に、日本人がオランダに行ったとき、是非行ってほしいスポットと食べるべき食事を教えてほしい!

Dannicさん(@dannic)がシェアした投稿

アムステルダムに行くのは外せないね!いろんな楽しいことが出来る。オススメなのは、自転車を借りること、世界最高級の博物館やギャラリーに行くこと、オランダのうまいビールを飲むこと!

自分の音楽を一言で言うなら?

ファンキー、グルービー、エナジーいっぱい!

いわゆるアゲアゲなEDMが落ち目だと言われているけど、世界的にこれからシーンはどう動いていくと思う?

何でも上がったり下がったりすると思う。たしかにアゲアゲなサウンドは少し前の方がもっと流行ってたけど、ああいう音楽が好き人はまだまだたくさんいる。

そもそもアーティストって一つのジャンルに閉じ込められないよ。ある人はベース多くてハードスタイルの要素の入ってる重くて激しい音楽が好きでも、一方である人は優しいトロピカルでチルな音楽が好きだとする。プロデューサーは、そのどっちのスタイルでも自分のサウンドと混ぜて新しいを音楽を開拓できる。もともとのEDMは落ち目かも知れないけど、あのサウンドをもとに発展してピンピンしている。

実は日本のクラブシーンは少しサイクルが遅くて、まだそのEDMブームの終わりが来ていない。それぞれが多様なジャンルを追いかけるよりは、みんなが一つの人気の曲を追いかける傾向があるんだ。こういうのって、日本でプレイするときに肌で感じ取ったりするものなの?

そんなことないよ。むしろに日本人の観客の方が頭が柔らかいと思うな。俺のプレイは本当に様々なダンスミュージックを入れ込んでいるけど、受け入れてくれるし楽しく盛り上がってくれる。

オランダのクラブ・音楽シーンが知りたい!

ブレダの水にはDJに変身させる成分が入ってるなんていう冗談はよく聞く。Tiesto、Hardwellらたくさんの有名プロデューサーがブレダに生まれたからさ。

クラブシーンはすごく活気にあふれて、どんな人も自分が楽しめる音楽が見つかると思う!もちろんビッグルームはずっと超人気。トランスもまだ流行ってるし、アンダーグラウンドテクノのサウンドは特にアムステルダムとかの都会で大人気だよ。

制作をするとき、実際にはどうやって作っているの?まずメロディを作るとか、音作りから作るとか。

Dannicさん(@dannic)がシェアした投稿

色んな作り方を混ぜるよ!例えば、まず頭の中にカッコいいメロディーが浮かんだとする。その場合は、そのメロディーの良さを伝えることを軸にして制作を進めるんだ。画家が絵具や筆を選ぶように、いろんなツールを使うんだ。

もっと具体的に聞いていいなら、使っているソフトや機材を教えてほしい!

基本の機材はMac Pro、Dynaudio BM6A MKIIスタジオモニター、Dynaudioサブウーファー、Roland A49 midiコントローラーだね。その他の機材をいつも入れ替えてる。スタジオでプロデュースに夢中になることが大好き。

たくさんのギグをこなすのにコンディションの維持は必要だと思うけど、意識してやっているルーティンはある?

行けるときはなるべくホテルのジムに行くようにしてる。後はもちろん睡眠を十分にとって、水分もマメにとって、食事もヘルシーなものを選んでいる。こういう健康的でシンプルな生活は一番簡単な自己管理だ。もちろん、忙しい時期を除いてね!

プライベートではどうやって過ごしているの?

友達と家族とリラックス!

今後の動きについてアナウンスできることはありますか?

新しい楽曲がもうすぐリリース!2018年に出る作品もみんなに見せることを俺自身も楽しみにしてる!

日本のファンにメッセージをお願いします!

Dannicさん(@dannic)がシェアした投稿

日本が大好き!またすぐ会いましょう!

TEXT BY MAINFLOOR編集部

Ads by Google