常にEDMの最前線を走る男。Diplo(ディプロ)のご紹介!

トップDJの中でも特に影響力が強く、「彼のかけた曲が流行曲になる」とまで言われているプロデューサーDiplo(ディプロ)。彼の実力と魅力をご紹介!

September.09.2017

トップDJと呼ばれるプロデューサーは多く居ませんが、「最も影響力があるDJは?」と聞かれると、それはきっとDiplo(ディプロ)ということになるでしょう!

その影響力は「彼のかけた曲が流行する」と言われるほど。その影響力の背景には確かな嗅覚とプロデュース力、そして音楽的な実力があります。今回は世界最先端のプロデューサー、Diplo(ディプロ)についてご紹介します!

◆Diploってどんな人?

diploさん(@diplo)がシェアした投稿

Diploは、米ミシシッピ生まれのアメリカ人のDJ/プロデューサーです。本名はThomas Wesley Pentz(トーマス・ウェズリー・ペンツ)。2004年に1stアルバム『Florida』を発表。当時としては斬新なサウンドを披露し、クラブシーンで大きな注目を浴びました。

2006年には自身のレーベル『Mad Decent(マッド・ディセント)』を設立。徐々に頭角を現し、いまや彼が作るもの、そしてMad Decentからリリースされるものがトレンドとして認識されるほどになっています!

プロデュースしてきたアーティストもそうそうたる面々で、Beyonce(ビヨンセ)、Usher(アッシャー)、Justin Beber(ジャスティン・ビーバー)、Madonna(マドンナ)、M.I.A.からSpank Rock(スパンク・ロック)、Santigold(サンティゴールド)まで、数多くのビックアーティストから信頼を受けています!

◆Diploのレーベル「Mad Decent」

Mad Decentさん(@maddecent)がシェアした投稿

Mad Decent(マッド・ディセント)は、Diploが主宰・創設したインディペンデント・レコードレーベル。注目すべきはその多様なジャンルと多数の在籍アーティスト!Dubstep、Trap、Electro House、Dancehall Reggae、Baile Funk、Kuduro、Moonbahton等、多岐に渡るジャンルの音楽をリリースしており、 現在84組ものアーティストが所属しています。

有名なところでいうと、『Turn Down For What』を生み出したDJ SNAKE(DJスネーク)、DJ SNAKEと『Get Low』でブレイクしたDillon Francis(ディロン・フランシス)、TrapやTwerkで根強い人気を誇るYellow Claw(イエロークロウ)など。これらの豪華なアーティストがまとまって、Mad Decentというかっこいい集団を形成しています!

毎年レーベルメイトでアメリカ各州をまわる「Mad Decent Block Party」というツアーは超人気イベント!超実力派アーティストが集まるMad Decentだからこその規模感ですね!

◆Diplo個人もヤバいプロジェクトを推進!

『Lean on』、『RunUp』など、最近、飛ぶ鳥を落とす勢いでヒット曲を多発させているMajor Lazorはご存知ですよね? 実はこのMajor Lazor、Diploのやっているプロジェクトの名前なんです!

Major Lazer & DJ Snake - Lean On (feat. MØ)

2009年に人気ビート・クリエイターで且つ、『Paper Plane』という曲でも有名なM.I.AのプロデューサーであるSwitch(スウィッチ)と始動させた共同プロジェクトが、このMajor Lazorです!

コンセプトは「デジタル・レゲエ」というジャマイカのダンスホールシーンを意識しているそうです。レゲエ調のサウンドのなかに奇想天外かつ斬新なサウンドを組み込んでおり、一度聴いたら耳から離れません。

2011年末に方向性の違いからSwitchがプロジェクトから抜け、現在はDJ兼プロデューサーのJillionaire(ジリオネア)とMC兼セレクターのWalshy Fire(ウォルシー・ファイアー)がメンバーに加わり3人で活動しています。

Jack Üさん(@skrillplo)がシェアした投稿

そしてもう一つ!DiploがあのSkrillexとタッグを組んだ「Jack Ü(ジャックユー)」! 2人ともダンスミュージックシーンでは独自の路線を突き進むカリスマとして人気とともに確固たる地位を築いていますが、最近のフェスではJACK Uとして出演することが多くなってきました。有名なこの2人がコンビを組むこと自体話題の的であり、注目を浴びてます!

Skrillex and Diplo - "Where Are Ü Now" with Justin Bieber

SkrillexとDiploが手がけたJustin Beberの大ヒット曲!がっつりDiplo らしさが出てますよね!静かな部分とサビの跳ねるような音のギャップがたまりません!

◆Diploオススメ曲

それではここからは、Diploの曲をご紹介します!

Diplo - Set Me Free (featuring Liz)

最高にかっこいいですね!この曲は彼のレーベル、Mad Decentの女性シンガー、Liz(リズ)をフィーチャーしたものです。聴いているだけで踊りだしたくなるビートですね!ミュージックビデオのダンスにも注目!

Diplo - Biggie Bounce (feat. Angger Dimas & Travis Porter)

インドネシアのDJ、Angger Dimas(アンガー・ディマス)とアメリカのHiphopグループ、Travis Porter(トラヴィス・ポーター)をフィーチャーした1曲。民族音楽をイメージしたような、Reggaeの要素も含まれているような、踊れるダンスナンバーです!Diploの世界観がすごい!

Steve Aoki, Diplo & Deorro - Freak (feat. Steve Bays)

Steve Aoki(スティーヴ・アオキ)とDeorro(デオロ)とDiploいうビッグスター3人がコラボしました!見事に3人の世界観が交ざりあった仕上がりになっています!!

EDMの最先端を導く存在。

diploさん(@diplo)がシェアした投稿

世界最先端の音楽を発信する男、Diploを覚えていただけましたか? Diploの曲は斬新で独特の世界観があると思います。彼の音楽のルーツには、EDMだけではなく、Reggae、民族音楽などの色々ダンスミュージックのルーツが感じられます!これからもDiploの発信する音楽が楽しみです!

TEXT BY DJ RAN

Ads by Google